セラピスト種類

セラピストは大きく「ボディセラピスト」「メディカルセラピスト」「心理セラピスト」「リラクゼーションセラピスト」「エネルギーセラピスト」「フードセラピスト」の6つの種類に分かれます。

その中でも、治療方法によってさらに細分化されています。

ボディセラピスト

お客様の身体にふれて施術を行う事。痩身エスタやフェイシャルトリートメントといった美に働きかける施術をする人。
 
 エステティシャン

痩身や小顔矯正、毛穴除去など、美を求める人に対して、機械や手法を使って働きかけます。カッピングやキャビテーションなどサロンになる施術方法が異なります。

 
 
 リフレクソロジスト

足の裏や手のツボを刺激することによって、血行を促進させ自然治療力や代謝を高める。日本には台湾式・英国式のふたつの流派が存在しているそうです。

 
他には
カイロプラクター・キネシオロジスト・シックネイルケアセラピスト など
 
 

メディカルセラピスト

医療行為を行う事から、国家資格を必要となる場合が多いです。医療セラピストは、働く場は病院や介護施設などが主となります。
 
 柔道整復師

骨折や脱臼、打撲、挫折などのけがに対して、整復・固定などの治療を行う人。柔道整復師の施術には、整復法・固定法・後療法の3つがあります。これらの知識を元にスポーツトレーナー、ケアマネージャー。機能訓練指導員として働きます。

 
 
 あん摩マッサージ指圧師

あん摩といわれる、なでる、押す、揉む、叩くという手法を用いて、肩こり・腰痛などを軽減させます。器具は使わず、手でマッサージを行うが基本です。患者に対して、問診や検査法を行ってから、施術を行うのが流れ。

 
他には
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・はり/きゅう師 など
 
 

心理セラピスト

日常でのストレスや悩み・不安、過去のトラウマなど、生活するなかで障壁となっている心理的な負担を軽減し、改善していきます。

 ヒプノセラピスト

睡眠状態に誘導し、潜在意識に働きかける事で問題や原因を探り、解決のアドバイスをする人。

 
 
 臨床心理士

心の問題を抱えた人に対して、専門知識を用いてサポートをします。臨床心理士の業務は、クライアントがどのうような状態なのかを把握する診療心理査定、心理カウンセリング、問題解決のための臨床心理学地域援助などです。

 
他には
産業カウンセラー・アートセラピー・絵本セラピスト など
 
 

リラクゼーションセラピスト

リラックス効果を高め、ストレスを軽減させる施術を行います。五感を刺激することによって改善を促すのが特徴です。

 アロマセラピスト

エッセンシャルオイルを用いて、アロマテラピーを行う人。香りで癒し効果を与える他、美容成分が配合さてたアロマオイルを使って、肌に塗布し肌質を改善することもあります。

 
他には
ミュージックセラピスト・森林セラピスト など
 
 

エネルギーセラピスト

人間がもっている「気」や物質が持っているエネルギーを用いて、癒しを与えたり、身体の不調を改善していきます。
 
 気功師

中国発祥の民間療法のひとつ。人間の体内あるエネルギー「気」を与え、病気の治療を行います。

 
 
 レイキセラピスト

レイキとは「自然の気」を指し、癒しや体調の改善へと導きます。治療方法は、患部に軽く手を当て、手のひらからエネルギーを流して行われます。レイキは誰にでもあり修行すれば、扱えるそうです。

 
他には
エンジェルセラピスト・ホメオセラピスト・SEヒーリング など
 
 

フードセラピスト

食べ物や食生活を見直すことによって、ストレスになっている原因を取り除く事。
フードセラピストは、学校の給食センターのほか、ジムに在中して働く事もあります。
 
 ハーブセラピスト

ハーブが持つパワーに着目し、効能や利用方法について高い知識を持って、癒しや自然治療力を高める方法を提案する人。

 
他には
ファスティングセラピスト・薬膳セラピスト・オーガニックセラピスト など