セラピストに向いている人とは

どんな職業にも向き不向きがあります。「セラピストに私は向いているのか分からない」と不安に思っているかたも多いと思います。
今回は、セラピストに向いているのは、どういう人かをまとめてみました。
 

人と接する事が好きな人

セラピストには人と接する事が好きでコミュニケーション能力が高い人が向いているでしょう。一対一でお客様と向き合い、サービスや施術を提供するので、コミュニケーション能力はセラピストの技術同様に必須です。
 
 

おおらかで優しい性格

 

 
お客様の話を聞いたり、悩みを聞いたりなど心身共に癒しを与えられる人の方が向いています。包み込むような自然な優しさも必要となっています。
施術している人がせかせかしていると、お客様も落ち着かなく、冷たい態度だと離れていってしまう事もあります。
優しくておおらかな性格の持ち主は、セラピストにぴったりでしょう。
 
 

勉強熱心

セラピストの技術は日々進歩し続けています。毎日変化し続ける中で、新しい技術や知識を勉強する事がセラピストのスキルアップにつながります。
お客様にどう喜んでもらうか、仕事の為に仕方なくと考えるのではなく、お客様の為にと考え勉強していけるととても良いです。
 
 

心身ともに健康的

 

 
日々多くのお客様に接客しながらマッサージを行うセラピストの仕事は体力的にも精神的にも負担のかかる仕事になります。
訪れるお客様は身体に何かしら問題を抱えれいる事も多いので、まずは心身ともに健康的である事が治療に当たるセラピストに求められる事でしょう。
 
 

人の心理に興味がある人

セラピストに必要とされるのは、「話を聞く」技術です。セラピストは自分の意見を押し付けるのではなくお客様の話を聞くことで、お客様の抱える問題点を探ります。
その為、人の心理に興味のある人、相手の気持ちを汲み取る事が上手い人が求められています。
 
 

向いてない人はなれない?

 
セラピストの仕事には、向き不向きがあるものの、限られた人しか働けない職種ではありません。
しっかりとスキルを修得すれば誰でも活躍できる業界だと言えます。

特に「接客力」に関してはいくつかの事柄を心得ているだけでお客様が満足のいくサービスを提供することができるはずです。

・身だしなみに気を遣う
・お客様の話を理解する
・笑顔を大切にしてリラックスできる環境を作る事

 
サロンの環境づくりや施術内容はもちろん大切ですが、話す時はお客様が不快にならない言葉遣いを心がけるなど上記の事を心掛けるだけでも印象が良くなります。
 
「セラピストになりたいけど自分は向いているか不安」という人も、セラピストを目指して努力してみてはいかがでしょうか?